墨田区議会議員 井上ノエミ 

アクセスカウンタ

zoom RSS 荻野吟子と634の不思議

<<   作成日時 : 2017/04/04 05:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

すみだが大好きです ❤
荻野吟子をご存知ですか? ご存じでない方のためにお話しすると、この方は湯島に産婦人科医院を開設した日本で最初の女医です。晩年はスカイツリーのすぐそばの本所で診療を行いました。武蔵国(現在の埼玉)生まれの人です(1851-1913)。
荻野吟子は16歳の時に足利銀行頭取の息子と結婚していますが、夫から淋病をうつされ、すぐに離婚しています。この「恥ずかしい」病気を男性医師のもとにさらさなければならなかった屈辱から、医師の資格をとって、同様の立場に追い込まれた女性患者を助けようと決意します。
東京女子師範学校(現在のお茶の水女子大学)を卒業したのち、私立医学校・好寿院に学び、1885年、医師免許試験に女医第一号として合格し、荻野病院を開設します。その後、キリスト教婦人矯風会に参加し、1890年、志方之善牧師と再婚し、1894年には北海道に渡り診療活動を開始します。夫の死後、吟子は東京に戻り、1908年に病院を再開します。
 なんといっても興味深いのは、昔はムサシと呼ばれていた埼玉の武蔵国生まれの吟子と634メートルの高さを持つスカイツリーを持つ墨田区との関係です。私は、次の634サミットのテーマとして荻野吟子の活躍を紹介したいと思います。

画像

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
荻野吟子と634の不思議 墨田区議会議員 井上ノエミ  /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる